新・ブルーノートRVGコレクション第5回より-ミッドナイト・スペシャル - ジミー・スミス2007/10/29 22:20

BN4078-MidnightSpecial-JimmySmith

 「ブルーノートがオルガン・ジャズの代表的なレーベルとなるのに、時間はそれほどかからなかった。六○年夏に発売したスミスの『ミッドナイト・スペシャル』(4078)が一年半がかりで『ビルボード』誌の二五位(シングル・チャートでは六九位)にまでのぼりつめるや、あとは次々と彼のレコードがチャートに入り始める」
 小川隆夫著『ブルーノートの真実(東京キララ社発行)』より


 いきなり引用でスイマセン。ブルーノートはこの作品で、初めてポップ・チャートにランク・イン!
 その後もJ・スミスの作品は3枚ほどポップ・チャートにランク・インすることとなります。

 ・・・・しかし、人気者となった彼は、63年にヴァーブに移籍してしまいます。初めて専属契約を結ぶまで入れ込んだライオンでしたが、スミスを引き止めることなく、喜んで送り出したと言われています。商売の前に、ミュージシャンの立場を考えてくれる人なんですね。

 オルガン・ジャズという新分野を開拓したブルーノートは、その後もベイビー・フェイス・ウィレット、ビック・ジョン・パットン、ラリー・ヤングなどのオルガン奏者の作品を発表していきます。


 ビック・ヒットを記録したこの作品、二人の名ブレイヤーの参加魅力です。
 まずはおなじみ、ギターのケニー・バレル(Kenny Burrell)。洗練されたプレイが魅力的ですねー。
 もう一人は、これがブルーノート初録音となるスタンレー・タレンタイン(Stanley Turrentine)。J・スミスの紹介で、ブルーノートの録音に参加した彼は、A・ライオンのお気に入りとなり2ヶ月後にはリーダーアルバム「Look Out ! (BST-84039)」を録音します。
 そういえば、「Look Out !」は以前に紹介したことがありましたね。
 ブルーノートを離れた後に、スター・プレイヤーとなった彼、人気者になった時は「ジャズ界でもっとも高いギャラをもらう男」だったそうです(私の記憶では)。


 さ、て、と、アルバムの内容を簡単に書いていきましょう。

 アルバムは、S・タレンタインのソウルフルなブローに刺激されたか、J・スミスはいつも以上に、ソウルフルな演奏を聴かせます。
 前半2曲はタレンタインを含むトリオ!によるソウルフルな演奏。後半の3曲には、ケニー・バレルが加わり、ハード・バップ的な演奏を聴くことが出来ます。

 後半、K・バレルが加わった演奏は、前の2曲と比べて洗練された演奏に感じられます。主役のJ・スミスも、切れの良いフレーズを出してきますし。


 どの曲も、聴き応え十分なのですが、面白いのは最後、カウント・ベイシー(Cout Basie)楽団のヒット曲、「ONE O'CLOCK JUMP」です。
 何回聴いても、テーマ部分におなじみのフレーズが出てこないので、これ「ONE O'CLOCK JUMP」?と悩んでしまいますが。

 J・スミス、スタッカートを利かせて、C・ベイシー大好き!なことをアピールします。ベイシー特有のピアノ・フレーズをオルガンで演奏するというのは、とても面白い試みだと思います。
 K・バレルのギター・カッティングもこれまた、フレディ・グリーン(Freddie Green)風なのがまた、笑いを誘います。

 すると、S・タレンタインは、誰を真似ているのか・・・・こうして推測するだけでも楽しい演奏です。


●TOCJ-7046 ミッドナイト・スペシャル / ジミー・スミス
ミッドナイト・スペシャルミッドナイト・スペシャル
ジミー・スミス スタンレー・タレンタイン ケニー・バレル

EMIミュージック・ジャパン 2007-10-24
売り上げランキング : 17721

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


MIDNIGHT SPECIAL / JIMMY SMITH Blue Note 84078

01. MIDNIGHT SPECIAL (Jimmy Smith) 9:53
02. A SUBTLE ONE (Stanley Turrentine) 7:40

03. JUMPIN' THE BLUES (McShann-Parker-Brown) * 5:25
04. WHY WAS I BORN (Kern-Hammerstein) * 6:31
05. ONE O'CLOCK JUMP (C.Basie) * 6:58

Stanley Turrentine (ts) Jimmy Smith (org) Kenny Burrell (g -*) Donald Bailey (ds)
Recorded on April 25, 1960 at Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.


コメント

_ garjyu ― 2007/11/04 17:52

何度も失礼します。

ジミー・スミスは良く聴いているわけではないですが、このアルバムはジャケットが素敵だったので買ってしまいました。
オルガンとサックスというのが、相性良いというのが最初の印象でした。聴くうちにドンドン嵌っていき・・過去記事TBさせていただきます。

_ 加持顕 ― 2007/11/04 18:40

garjyu さん、何度でもどうぞ(笑)。

しかし、ジミー・スミスとスタンレー・タレンタインは、特に相性が良かったみたいです。

全米のポップ・チャートに入るほど大ヒットしたのが、何よりそのことを証明していますよね。

・・・とはいえ、私もこの辺りのサウンドに慣れたのは、つい最近のことですが(笑)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kajiakira.asablo.jp/blog/2007/10/29/1889334/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 一年365枚 ver.2.0 - 2007/11/04 17:54



オルガン・ジャズ?! ジャズ初心者には新鮮です。テナー・サックスのスタンリー・タレンタインも良いですね。