「Coltrane Live At The Village Vanguard Again! (1966)」の社会的背景2016/10/29 13:46


今回は1966年6月、壮絶なる日本ツアー直前に録音された、 「Coltrane Live At The Village Vanguard Again!」です。


タイトル的には、1961年11月に録音された、エリック・ドルフィー(Eric Dolphy)入りの 「Coltrane "Live" At The Village Vanguard (Impulse! A-10)」再び!という感じですか。



1961年版はドルフィー効果か、あっけらからんとしたアヴァンギャルドな演奏が多いですが、 1966年版は「Live In Japan」同様、絶叫というか振り切れた演奏です。


以下、長くなりますが、「Coltrane Live At The Village Vanguard Again!」 に至るコルトレーンの音楽的変質の謎が、自分なりに納得出来たので、当時の時代背景含め書いていきます。


まずコルトレーンの作品群を眺めていると、1965年2月付近で変質していく事に気がつきます。

「至上の愛(A Love Supreme)」で、神を賛美してたコルトレーンが突然、「Kulu Se Mama」、「Ascension」など、フリーフォームに転進した作品を発表。

Ascension: Editions I & II (Reis) (Rstr)Ascension: Editions I & II (Reis) (Rstr)
John Coltrane

Expression ミンガス・アット・カーネギー・ホール On the Corner Meditations (Reis) (Rstr) (Dig) クル・セ・ママ The 1966 Live Recordings Giant Steps MY FAVOURITE THINGS-COLTR INTERSTELLAR SPACE Transition

by G-Tools


アフリカ回帰、インド思想への傾倒を顕著にした、激情的雄叫びを上げ始めるようになります。

アメリカの歴史に詳しい方ならピンとくるかもしれませんが、そうです、 黒人公民権運動活動家・「マルコムX (Malcolm X)暗殺」を境に、激変していく訳ですね。



ムスリムの「マルコムX」が暗殺された事により、自ら信じるキリスト教への疑問を感じ始めた?
キリスト教を一旦横に置いて、「愛と平和」を求め、他宗教に目を向け始めたとも言えますか。


さて、1966年5月28日のヴィレッジ・ヴァンガードでのライブを収録した 「Coltrane Live At The Village Vanguard Again!」の収録曲は、 たった2曲(笑)、「Naima」と「My Favorite Things」だけ。

1965年末の録音(Meditations)で、宗教臭い演奏に嫌気が差したピアノのマッコイ・タイナーが退団したため、 1966年初頭からバンドに参加した、アリス・コルトレーンがピアノを弾いております。

ドラムも、前衛派でサン・ラ(Sun Ra)との共演経験があるラシッド・アリ(Rashied Ali)に代わってますね。



1曲目は、お馴染み「Naima」。

ライブでラヴィ・シャンカール(Ravi Shankar)の教え、 「(静寂(シャンティ)」と「安らぎ」が感じられる演奏です。

途中ソロで登場するファラオ・サンダースの咆哮が、全てをぶち壊しますが(笑)。

思索的な静(コルトレーン)と、激情なる動(サンダース)のコントラストが、 最晩年でのコルトレーンバンドの、大きな特徴なのかもしれません。

「Live In Japan」の如く静と動のバランスが崩壊すると、聴くにたえない状態になりますが、 ここでの演奏は、ぎりぎり均等を保ってる感じかと。

レコード時代にはA面最後になりますが「My Favorite Things」の前に、 「Introduction To My Favorite Things」と題されたジミー・ギャリソンのベースソロが、 6分ほど収録されてます。

2曲目は、スピリチュアルな演奏に変貌した「My Favorite Things」。 ベースソロに続いたコルトレーンがテーマを吹き始める前、ソプラノサックスで、 幻想的というか、摩訶不思議なフレーズを紡いでいきます。

悲痛な叫びを上げるサンダースのバックで、コルトレーンが吹く、 フルートの音が聴こえます。

このアルバムでコルトレーンは、バスクラリネットも吹いてるみたいですが、 どの部分がバスクラリネットなのか未だ判断出来てません(泣)。

ただ、いずれの楽器も1961年版に参加してたエリック・ドルフィーの遺品らしいです。


John Coltrane - Coltrane Live At The Village Vanguard Again! (1966) Impulse! A-9124

John Coltrane (ss, ts, bass-cl, fl) Pharoah Sanders (ts, fl)
Alice Coltrane (p) Jimmy Garrison (b) Rashied Ali (ds) Emanuel Rahim (per)

May 28, 1966 at "Village Vanguard", NYC.


01. Naima (John Coltrane) 15:12
02. Introduction To My Favorite Things (Jimmy Garrison) 6:11

03. My Favorite Things (O. Hammerstein II, R. Rodgers) 20:23


LIVE AT THE VILLAGELIVE AT THE VILLAGE
JOHN COLTRANE

Expression MY FAVOURITE THINGS-COLTR Transition Om INTERSTELLAR SPACE Live in Seattle Cosmic Music オレ! John Coltrane Quartet Plays (Reis) (Rstr) クル・セ・ママ

by G-Tools

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kajiakira.asablo.jp/blog/2016/10/29/8238086/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。