新・ブルーノートRVGコレクション第7回より-プロフィール - デューク・ピアソン2008/01/02 00:04

PROFILE - DUKE PEARSON  Blue Note BST-84022

 『PROFILE DUKE PEARSON a lyrical pianist... with a fine sense of time and gynamics... ideas of clarity and brightness... a flowing, effortless swing.』

 ・・・こんな宣伝(チャッチ・コピー)までデザインに折り込んだジャズのジャケット、他にあるだろうか?
 宣伝込みで端正なジャケット・デザインに仕立ててしまうリード・マイルス(REID MILES)、恐るべし・・・。


 デューク・ピアソン(Duke Pearson)のピアノ・スタイルは、1曲目「LIKE SOMEONE IN LOVE」に詰め込まれているように思えます。

 大雑把に喩えると、レイ・ブライアント(Ray Bryant)とジーン・ハリス(Gene Harris)を足して2で割った感じでしょうか。
 程好いブルージーさに加え、ホーン・ライクなフレーズに時々ピアノを鈴(ベル)のようにかき鳴らすスタイルは、落ち着いたスリー・サウンズ(The Three Sounds)といった印象を与えます。

 なお、アルバム構成は売上を考慮した(笑)のか前半がスタンダード、後半がピアソンのオリジナルとなっております。


 それでは演奏曲目に移りましょうか。

 スタンダード曲では1曲目の他、ジーン・テイラー(Gene Taylor)の刻むベース音が心地よい「BLACK COFFEE」と、レックス・ハンフリーズ(Lex Humphries)の刻むラテン・リズムが素敵な「TABOO」が良いですね。
 オリジナル曲では、アップ・テンポで緊張感のある「TWO MILE RUN」がお勧め。


 最後に、ピアソンの後見人(?)ドナルド・バード(Donald Byrd)絡みで補足。

 本作と同じ月の10月4日には、あの大名盤『Fuego / Donald Byrd(BST-84026)』が録音されております。

 「WITCHCRAFT」は、同じテンポ・アレンジで『Byrd In Hand / Donald Bryd(BST-8419)』に収録。
 「GATE CITY BLUES」は、ややテンポを上げ「GATE CITY」として『Bryd In Flight / Donald Bryd(BST-844048)』に収録されております。

 ・・・機会があれば、『Tender Feelin's / Duke Pearson(BST-8435)』と併せて聴き比べてみて下さいませ。


TOCJ-7065 プロフィール / デューク・ピアソン

●PROFILE / DUKE PEARSON Blue Note BST-84022

01. LIKE SOMEONE IN LOVE (Burke-Van Heusen) 5:27
02. BLACK COFFEE (Webster-Burke) 4:28
03. TABOO (M.Lecuona) 4:54
04. I'M GLAD THERE IS YOU (Madeira-Dorsey) 4:48

05. GATE CITY BLUES (Duke Pearson) 5:07
06. TWO MILE RUN (Duke Pearson) 5:52
07. WITCHCRAFT (Coleman-Leigh) 5:42

Duke Pearson (p) Gene Taylor (b) Lex Humphries (ds) Recorded on October 25, 1959 at Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

プロフィールプロフィール
デューク・ピアソン ジーン・テイラー レックス・ハンフリーズ

EMIミュージック・ジャパン 2007-12-26
売り上げランキング : 39728

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


コメント

_ garjyu ― 2008/01/02 15:42

あけましておめでとうございます。ことしもよろしくお願いいたします。
私は《テンダー・フィーリンズ》で、このピアニストを好きになりました。 《プロフィール》も大好きです。
例のクリスマスアルバムはまだ手に入れられていませんが、昨年、中古CD屋で《イントロデューシング・デューク・ピアソンBIG BAND》という、それまで聞いたことのないアルバムを手に入れました。これも悪くないです。

_ 加持顕 ― 2008/01/02 20:15

明けましておめでとうございます。
《イントロデューシング・デューク・ピアソンBIG BAND(BST-4276)》
は、私も持ってますし、好きですよー。
なので最近、欧米(?)盤で<Now Hear This (BST-84308)>収録曲の一部をカップリングしたCDに買い換えたくらいです・・・。
まだ輸入CD屋さんに行けば、入手可能だと思われます。

それでは、本年度もよろしくお願い致します。

_ えりっく$Φ ― 2008/01/03 00:07

明けまして、おめでとうございます。
年末のコメント、本当にありがとうございました。
ただ今、妻の実家(静岡)より、帰還しました。
何せ、パソコンが無い家な物で、新年のご挨拶が出来ませんで…遅くなりまして、どうもすみません。

2008年のスタートでは、「ピアソン」ですか…いかにも加持さんらしい選択の一枚だなぁ。

今年もお互いに頑張りましょう。
但し、頑張り過ぎない様に……。。

_ 加持顕 ― 2008/01/03 01:48

えりっく$Φさん、明けましておめでとうございます。
私は今日、湯沢の某スキー場から無事帰還。下手ながら、全身運動を楽しんできましたー。

新年の3日はおめでたそうなものを、あえて掲載しています。
・・・はい、意図的(笑)です。

『企画もの』をやり初めてからある程度、掲載のペースがつかめてきましたので、これからも死なない(笑)程度にやっていきます。

それではよろしくお願い致します。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kajiakira.asablo.jp/blog/2008/01/02/2540810/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 一年365枚 ver.3.0 - 2008/01/02 15:42



2006年7月19日にはこのアルバムを紹介↓しました。
http://garjyu.at.webry.info/200607/article_21.html