祝CD化!-Introducing K.Cox and The Contemporary Jazz Quintet Blue Note [BST 84302]2007/10/18 22:21


 このCD(2 in 1)のリリースを見た時、「M・カスクーナさん、ここまで出しますか(笑)・・・・。」と思ったアルバムです。

 先日『CONNOISSEUR SERIES(米ブルーノート)』から、日本ではほぼ発売されないだろう(笑)アルバムが発売されました・・・。

 『完全ブルーノートブック』での、小川隆夫さんのコメントを読んで気になっていたこのアルバム、確か10年位前に中古LP屋さんで見つけて購入しました。
 手持ちの詳細情報は、ジャケット裏の英語解説だけ。英語と格闘してようやくまとめました。



 「新伝承派サウンド」(80年代にウイントン・マルサリスが復活させた、マイルス・クインテットサウンドをお手本とする演奏スタイル)がお好きな方は、十分に楽しめるアルバムだと思います。
 あとテナーのレオン・ヘンダーソン(Leon Henderson)は、あのジョー・ヘンダーソンの弟です。

 ファイト一発!1曲目のドラムパターンを良く聴いていると、「Miles Smiles」の影響が大きいと思われます。
 また、名門レーベルの録音ということで気合が入ったのか、バラエティに富んだ全曲、書下ろしの新曲だそうでです。


 当時のブルーノートで、兼任プロデューサーをつとめていたピアニストのデューク・ピアソン(Duke Pearson)はデトロイトのDJ、ジャック・スプリンガー(Jack Springer)からこのバンドを紹介されたそうです。
 このバンドの演奏を聴いたピアソンは早速、現地デトロイトで録音を行ったそうです。

 おもしろいことにこのアルバム、ルディー・ヴァン・ゲルダー・スタジオで再録音されているんですね。
 手持ちのLPには「VAN GELDER」の刻印が押されており、音はヴァン・ゲルダー・サウンドそのもの。結構良い音をしてます。


 1枚目を聴いた第一印象は、もろ60年代「マイルス・デイヴィス・クインテット」のサウンド!
 特に、ダイナミックなドラムと、印象的なトランペットのフレーズを聴いていると、「皆さん、本当に好きなんだねー」と声を掛けたくなる位の傾倒ぶり。

 ちなみにマイルスのアルバムでテイストが近いものは、1966年10月録音の「Miles Smiles / Miles Davis (Columbia CL 2601)」や、1966年06月録音の「Nefertiti / Miles Davis (Columbia CS 9594) 」あたりでしょう。


 まずA面は、緊張感たっぷり、劇的な展開が魅力の「Mystique」、叙情感溢れる「You」、当時流行りのダンス・ビートにのせた軽快な曲「Trance Dance」、怪しい雰囲気を孕んだアップ・テンポの「Eclipse」と続きます。

 B面に行きますと複雑なテーマが印象的な「Number Four」、テーマ部からもろマイルス風のトランペットが炸裂するバラッドの「Diahnn」でアルバムは終了します。


 アルバムを2ヶ月近く集中して聴いて思うのは、「あと3年早く、このバンドが登場していればなあ・・・。」の一言に尽きます。
 3年前(1965年)にはあの名盤、「処女航海(BN84195)」が録音されています。


 オーネット・コールマンを中心としたフリーの嵐が吹き荒れ、ソウル・ミュージックや、よりポップで踊れるアルバムが求められていただろう時代に、あの「新伝承派風サウンド」では・・・・まあ玄人受けはしても、売れなかったでしょうね。

 時代の流れに乗れなかった「隠れ名盤」を、2007年にCDで手軽に聴けるようになったことを、素直に喜びたいと思います。


●Introducing Kenny Cox and The Contemporary Jazz Quintet
Blue Note/United Artists BST 84302

side one
01. Mystique (K.Cox) 04:40
02. You (D.Durrah) 05:25
03. Trance Dance (K.Cox) 06:00
04. Eclipse (L.Henderson) 05:47

side two
05. Number Four (C.Moore) 10:45
06. Diahnn (L.Henderson) 08:35

Charles Moore(tp) Leon Henderson(ts) Kenny Cox(p) Ron Brooks(b) Danny Spencer(ds)
Recorded on December 9,1968 at United Sound System, Detroit,MI

Produced by Duke Pearson
Re-Recording by Rudy Van Gelder


●メンバー紹介(LP裏の解説より)●

◆ケニー・コックス(Kenny Cox)

 1940年11月08日ミシガン州デトロイト生まれ。
 8才からピアノを習い(トランペットも)、15才から地元でプロ活動を開始。
 途中、ニューヨークに行き、歌手のエッタ・ジョーンズ(Etta Jones)のツアー・バンドに参加。
 1964年にデトロイトに戻り、ウェス・モンゴメリー(Wes Montgomery)、ロイ・ヘインス(Roy Haynes)、ローランド・カ-ク(Roland Kirk)らと共演。

 好きなピアニストは、バド・パウエル(Bud powell)、バリー・ハリス(Barry Harris)、トミー・フラナガン(Tommy Flanagan)。
 ハービー・ハンコック(Herbie Hancock)からも強く影響されているとの事。

◆チャールス・ムーア(Charles Moore)

 録音当時(1968年)28才でアラバマ州出身。
 前は、「Detroit Contemporary Five (D.C.Five)」というアヴァンギャルドのグループを率いていたそうです。
 60年代におけるマイルス・デイヴィスの演奏スタイルから、強い影響を受けているようです。

◆レオン・ヘンダーソン(Leon Henderson)

 1940年12月11日ケンタッキー州リマ生まれで、15人兄弟の末っ子。
 兄であるジョー・ヘンダーソン(Joe Henderson)と同じく、ケンタッキー州立大学の出身。

◆ロン・ブルックス(Ron Brooks)

 録音当時(1968年)33才でイリノイ州エヴァンストン(Evanston)出身で、ミシガン州アン・アーバー(Ann Arbor)在住。
 ミシガン州立大学在学時に、ボブ・ジェームス(Bob James)トリオに在籍していたそうです。

◆ダニー・スペンサー(Danny Spencer)

 1942年04月17日ミシガン州イシュペニング(Ishpeming)出身。
 3年前(1965年)に、ロン・ブルックスと共にヨーロッパに渡り、デクスター・ゴードン(Dexter Gordon)、アート・ファーマー(Art Farmer)、ルネ・トーマス(Rene Thomas)ら刺激的なミュージシャンと共演を重ねる。


Introducing Kenny Cox And The Contemporary Jazz Quintet
Introducing Kenny Cox And The Contemporary Jazz QuintetKenny Cox and the Contemporary Jazz Quintet

Blue Note 2007-06-05
売り上げランキング : 253146


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


●本家、米ブルーノートのページはこちら↓
INTRODUCING KENNY COX AND THE CONTEMPORARY JAZZ QUINTET


コメント

_ 加持顕 ― 2007/10/24 23:33

<補足コメント>
今、読み返して、ふと思ったことを補足。

「全曲、書下ろしの新曲」

にしたのは、60年代マイルス・クインテット風の曲を、それまで演奏していなかったか、あるいは、よりマイルス・クインテット風の演奏にするために、既存曲は捨てたのかな?

このアルバム以前の録音があれば聴いてみたいなあ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kajiakira.asablo.jp/blog/2007/10/18/1863515/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ グルメのための人気グルメ料理集『グルログ』 - 2007/11/24 10:43

いきなりのTB大変申し訳ございません。m(_ _)m
同じような内容を扱われていたためトラックバックさせていただきました。
突然ですが相互リンクさせていただくことはできませんでしょうか?
http://www.gurulog.net/favorite.html
リンクの言葉とリンク先をお手数ですがlink@gurulog.netまで送信いただければ追加させていただきます。
御サイトの発展を心よりお祈りしております。
O(≧∇≦)O イエイ!!
あっ、失礼しました。m(;∇;)m