Shades of Redd / Freddie Redd (Blue Note 4045)2010/08/20 08:12


シェイズ・オブ・レッド+2
シェイズ・オブ・レッド+2フレディ・レッド

EMIミュージック・ジャパン 2008-06-25
売り上げランキング : 289769


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


今回はたまにふと、聴きたく1枚をご紹介。
昨日、カーステレオで聴いていたCDが「Shades of Redd / Freddie Redd(connoisseur cd series)」。

悲劇俳優の悲劇-Shades of Redd / Freddie Redd [Blue Note BLP 4045]

以前、こちらのブログで、アルバム紹介してましたね。

現在は、ボーナストラック2曲付きのRVG盤が登場し、より良い音で気軽に聴けます。

リーダーがピアニストのフレディ・レッド(Freddie Redd)の、サックス・クインテット作品。
フロントは、ティナ・ブルックス(Tina Brooks)とジャッキー・マクリーン(Jackie McLean)の、ブルージーなお2人。


しっかし何度聴いても、劇的な「Thespian」とスパニッシュ風「Ole !」がたまりませんなあ(笑)。
特に1曲目の「Thespian」は、思わずリピートしてしまいます。

「Thespian」は最初、優雅なスローテンポで始まります。で、演奏の途中でテンポ・アップ!
リズム・セクションが猛烈にスイングし始める、タイトル通り「劇的」な1曲であります。



●Shades of Redd / Freddie Redd [Blue Note BLP 4045] -RVG Edition-

01. Thespian (Freddie Redd)
02. Blues-Blues-Blues (Freddie Redd)
03. Shadows (Freddie Redd)
04. Melanie (Freddie Redd)
05. Swift (Freddie Redd)
06. Just a Ballad for My Baby (Freddie Redd)
07. Ole ! (Freddie Redd)

08. Melanie (Freddie Redd) -alternate take-
09. Ole ! (Freddie Redd) -alternate take-

Jackie McLean (as) Tina Brooks (ts) Freddie Redd (p) Paul Chambers (b) Louis Hayes (ds)
Recorded on August 13, 1960 at Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ


Shades of Redd
Shades of ReddFreddie Redd

Blue Note Records 2008-02-25
売り上げランキング : 147827


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ティナとジャッキーのコンビが気に入った方は、他にいいアルバムがありますよー。
機会があれば、「Jackie's Bag(4051)」と「Back To The Tracks(4052)」を聴いて見て下さい。
トランペットのブルー・ミッチェル(Blue Mitchell)が加わり、さらに濃い(笑)演奏が楽しめます。

TOCJ-7175 ヘディン・サウス/ホレス・パーラン-新・ブルーノートRVGコレクション第2期第6回発売2008/12/16 21:53

Headin' South - Horace Parlan  Blue Note BN4062

 『Us Three(BN4037)』トリオにコンガのレイ・バレット(Ray Barretto)を加えた、クラブDJご用達(?)の人気盤。

 イギリス発『アシッド・ジャズ (Acid Jazz) 』の仕掛人、世界的な人気DJジャイルス・ピーターソン(Gilles Peterson) が発掘し、クラブで踊れる人気曲「Congalegre」は、数々のコンピレーションに収録されております。

 そしてオリジナル・ライナーノートで書かれた、ゴスペル・ファンク・グルーブ・ソウル・ルーツ (Gospel-funk-groove-soul-roots)が一番体感出来るどす黒いスロー・ブルース、「Low Down」を聴いてみて下さいっ。


 ホレス・パーランの演奏スタイルは、アーマッド・ジャマル(Ahmad Jamal)を模範とし、マイルス・デイヴィス(Miles Davis) の演奏スタイルを研究(?)して編み出された、とオリジナル・ライナーノートに書かれております。

 幼少時に罹ったポリオのため、左手の指がうまく動かないという、ハンディキャップを負ったパーラン。

 ジプシー・スイングの創始者、ジャンゴ・ラインハルト(Django Reinhardt)と同様のハンデを負いながら、 少ない音数で間を生かす、パーラン独自のスタイルを築き上げたのは凄い事であります。

 何処か(ジャズ批評?)で読んだ話によるとパーラン、ソロもバッキングも、右手で演奏しているらしいです。

 音数少なくねちっこいソロ・フレーズを弾いたあと、どす黒いブロック・コードを挟むスタイルは、800gの超特大ステーキ を食べるかの如く、物凄いものに感じられますが、一度胃に収めてしまえば(笑)、表現しがたい快感が貴方を包み込むでしょう。



 「Headin' South」は、ブルースとゴスペル・フィーリングが溢れる1曲。
 コンガを従えた演奏は盛り上がり、途中挟むドラム・ブレイクで気分は最高潮に達します。

 「The Song Is Ended」は、牧歌的な曲。
 そう思うと、コンガの音色がのんびりとアメリカ南部を旅する旅人の馬の蹄がかき鳴らす音に聴こえてきます。


 ジョージ・ガーシウィン(George Gershwin)の名曲「Summertime」は、マイルス・デイヴィス(Miles Davis)と ギル・エヴァンス(Gil Evans)のオーケストレーション作品を参考に、ピアノ・トリオ用にリ・アレンジしたものだそうです。
 なおマイルス版は、『Porgy and Bess / Miles Davis(columbia/sony)』で聴くことが出来ます。

 ジョージ・タッカー(George Tucker)の弓弾きがテーマを奏でる中、寄り添うようなピアノ・バッキングは、 ギル・エバンス・オーケストラのバッキングを模したものだったんですね。
 ライナー読んでから慌てて『Porgy and Bess』聴きかえし・・・・・納得(笑)しました。


 「Low Down」は、ゴスペル・ファンク・グルーブ・ソウル・ルーツ(Gospel-funk-groove-soul-roots)なブルース。
 超スロー・テンポなねちっこい演奏なんですが、途中登場する反復フレーズが凄い。
 24小節(ブルース進行2回廻し)にも及び「キュラキュラ、キュラキュラ」と聴こえるフレーズ。
 最初はどってことないんですが、その24小節が終わり次のフレーズに移る時の開放感といったら・・・ 一度ハマルと病みつきになりますので、連続再生はなるべくお控え下さいませ。


 「Congalegre」は世界的な人気DJ、ジャイルス・ピーターソン(Gilles Peterson)が発掘した1曲。
 アップテンポの疾走感溢れるリズムにH・パーランの分厚いブロック・コードが絡み、コンガとドラムの掛け合いソロ が途中挟まれるという、踊る(騒ぐ)には最適な曲なのでしょう。


 デューク・エリントンの「Prelude To A Kiss」は、耽美なバラッド。
 耽美で陰影の濃い演奏は、アンドリュー・ヒル(Andrew Hill)に通じるものがありますね。


 「Jim Loves Sue」は、ホレス・パーランが模範とするアーマッド・ジャマル(Ahmad Jamal)の作品。
 うきうきするような軽快なリズムに、軽やかなソロ。ああっ、確かにアーマッド・ジャマール・スタイルだなあ。


 「My Mother's Eyes」は、これまた牧歌的な1曲。
 やや気だるい感じが、食後のコーヒーのような一時の安堵感を与えてくれます。



Headin' South / Horace Parlan Blue Note BN4062

01. Headin' South (Horace Parlan) 4:29
02. The Song Is Ended (Berlin) 5:51
03. Summertime (Gershwin) * 5:59
04. Low Down (Horace Parlan) 5:26

05. Congalegre (Ray Barretto) 4:23
06. Prelude To A Kiss (Ellington-Gordon-Mills) * 5:25
07. Jim Loves Sue (Ahmad Jamal) 4:29
08. My Mother's Eyes (Gilbert-Baer) 5:22

Horace Parlan (p) George Tucker (b) Al Harewood (ds) Ray Barretto (cgona -omit *)
Recorded on December 6, 1960Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.


TOCJ-7175 ヘディン・サウス/ホレス・パーラン
TOCJ-7175 Headin' South / Horace Parlan [BN4062]

ヘディン・サウス
ヘディン・サウスホレス・パーラン ジョージ・タッカー アル・ヘアウッド

EMIミュージック・ジャパン 2008-11-26
売り上げランキング : 150190

おすすめ平均 star
starBlues好きにも

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ポーギー&ベス
ポーギー&ベスマイルス・デイビス ギル・エヴァンス アーニー・ロイヤル

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 2009-03-25
売り上げランキング : 41911


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

The Legendary Okeh and Epic Recordings
The Legendary Okeh and Epic RecordingsAhmad Jamal

Epic/Legacy 2005-08-23
売り上げランキング : 259909


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

TOCJ-7174 バード・イン・ハンド/ドナルド・バード-新・ブルーノートRVGコレクション第2期第6回発売2008/12/12 21:34

Byrd In Hand - Donald Byrd BN4019

 ドナルド・バードのブルーノート第2弾は、3管編成による重厚なアンサンブルが聴きもの。
 発売当時、米ダウン・ビート誌のレビューにて最高評価(星)を獲得した1枚みたいです。

 ドナルド・バードの演奏するフレーズは、1959年3~4月に録音された『Kind of Blue / Miles Davis(Columbia/sony)』 を彷彿とさせるものでありこの当時、マイルスとバードの交流の程度は如何程であっただろうか・・・と考えてしまいます。
 1961年頃にドナルド・バードのバンドに参加した、あのハービー・ハンコックの証言によると、マイルスのレコードにあわせて、 バードと練習したなんてこともあったらしいですから、このあたりの真相、どなたかインタビューしてもらいたいですね。
 ・・・小川隆夫さん、インタビューしてくれないかなあ(笑)。



 「Witchcraft」は、サイ・コールマン作曲のスタンダード。  静寂の中、バードの奏でるトランペットが一気果敢に切り込んできたりして、静と動を巧みに使い分けた演奏です。
 話はそれますが、『Profile / Duke Pearson(BN4022)』での、デューク・ピアソン(Duke Pearson)の演奏もお勧め。


 「Here I Am」は、ミディアム・テンポのマイナー調の1曲。
 オープニングから、ドナルド・バードの美しいトランペットの音色、堪能出来ますね。
 わたしくバードの真価は、このようなバラッド演奏にあると思います・・・アップテンポな演奏だとやや、一本調子だし(笑)。


 「Devil Whip」は、3管の重厚なアンサンブルを従えたアップテンポ・ナンバー。
 ソロでは、チャーリー・ラウズ(Charlie Rouse)の、いつになく勢いのある演奏がいいですね。


 「Bronze Dance」は、リズムにルンバが混じったウォルター・デイヴィス(Walter Davis Jr.)のオリジナル。
 軽やかなリズムに乗り、如何にもハード・バップ!と言った感じのごきげんなソロ・リレーが続きます。


 「Clarion Calls」はバードのド派手なテーマ吹奏に、他の二人がコール&レスポンス風に応えるという1曲。
 まあ、テーマにコール&レスポンスを取り入れるアイデアは『Moanin / Art Blakey & The Jazz Messengers(BN4003)』でお馴染みですね。
 余談ですが、ラストのテーマ演奏で『くすっ』となる部分があります。ので、まあ一度注意してお聴き下さいませ。


 「The Injuns」は、バードの疾走感溢れるトランペット・プレイが素敵な1曲。
 ちなみにこの曲、「Cherokee」のコード進行を元に作曲されていると思われます。
 なのであの有名な、クリフォード・ブラウン(Clifford Brown)の演奏と聴き比べて見ると面白いと思います。


Byrd In Hand / Donald Byrd Blue Note BN4019

01. Witchcraft (Coleman-Leigh) 8:25
02. Here I Am (Donald Byrd) 8:22
03. Devil Whip (Donald Byrd) 4:39

04. Bronze Dance (Walter Davis Jr.) 6:39
05. Clarion Calls (Walter Davis Jr.) 5:38
06. The Injuns (Donald Byrd) 6:09

Donald Byrd (tp) Charlie Rouse (ts) Pepper Adams (bs) Walter Davis Jr. (p) Sam Jones (b) Art Taylor (ds)
Recorded on May 31, 1959 at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.


TOCJ-7174 バード・イン・ハンド/ドナルド・バード
TOCJ-7174 Byrd In Hand / Donald Byrd [BN4019]

バード・イン・ハンド
バード・イン・ハンドドナルド・バード チャーリー・ラウズ ペッパー・アダムス

EMIミュージック・ジャパン 2008-11-26
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

プロフィール
プロフィールデューク・ピアソン ジーン・テイラー レックス・ハンフリーズ

EMIミュージック・ジャパン 2007-12-26
売り上げランキング : 89482


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ベスト・オブ・ドナルド・バード(ブルーノート・イヤーズ13)
ベスト・オブ・ドナルド・バード(ブルーノート・イヤーズ13)ドナルド・バード ソニー・レッド ウェイン・ショーター

EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 2009-02-18
売り上げランキング : 72844


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

TOCJ-7135 ヘヴィー・ソウル+1/アイク・ケベック-新・ブルーノートRVGコレクション第2期第3回発売2008/09/24 22:22

BN4093 - Heavy Soul - Ike Quebec

 ブルーノート創設当時からセロニアス・モンクなどの有能なる新人ミュージシャンを紹介し、ブルーノートに深く関わっているアイク・ケベック(Ike Quebec)
 1960年代に入ってからも有能な新人フレディ・ハバード、バップ時代の巨人デクスター・ゴードンらとブルーノートの仲介役を果たしていた模様。

 そんな裏方として活躍していたアイクが1961年、唐突にアルバム復帰を遂げた第1弾がこのアルバムです。
 内容はタイトル通り、フレディ・ローチ(Freddie Roach) のオルガン・トリオをバックに、実にソウルフルな演奏を繰り広げております。
 バップ時代から活躍しているアイクが、このような歌心溢れるソウル路線で復活出来るとは・・・感慨深い作品であります。

 なお復帰後の短期間に何枚かのアルバムを録音した後、アイク・ケベックは1963年1月に肺がんのためこの世を去っております。



 「Acquitted」は、『これぞオルガン・ソウル・ジャズ!』と柄にもなく形容したくなる1曲。F・ローチのさりげないバッキングが心に染み入ります。
 「Just One More Chance」は、美しいソウル・バラッド。サブトーン気味のテナー・サウンドが素敵な曲です。
 軽快なテンポで演奏される「Que's Dilemma」、スロー・テンポの「Brother Can You Spare A Dime」は気品あるソウル・ジャズですね。

 マイルス・デイビス初期の演奏で有名な「The Man I Love」は、スロー・バラッド仕立の演奏。
 さざなみうねるようなオルガンをバックにしばし演奏した後、猛然とスイングする演奏へと移行していきます。

 タイトル曲ともなった「Heavy Soul」は最初、ドラムがハイハットとマレットでリズムを刻み、後にシンバル・レガートに切り替えるこれまたソウルフルな曲。
 「I Want A Little Girl」は例えると、木漏れ日のような温かみ溢れる演奏です。

 オリジナル・アルバムでは最後のトラックである「Nature Boy」は、ミルト・ヒントンのベースのみをバックに演奏される1曲。
 クラブでの演奏を終えた、夜明け前の気だるい雰囲気漂うかのような幻想的な演奏です。


 なお今回はボーナス・トラックとして、アップ・テンポの「Blues For Ike」が追加収録されております。
 一番活気ある演奏なので、アルバム構成を考慮して削除されたのかなあ。


Heavy Soul / Ike Quebec Blue Note BN4093

01. Acquitted (Ike Quebec) 5:37
02. Just One More Chance (Coslow - Johnson) 5:47
03. Que's Dilemma (Ike Quebec) 4:27
04. Brother Can You Spare A Dime (Harburg - Gorney) 5:25

05. The Man I Love (Gershwin) 6:28
06. Heavy Soul (Ike Quebec) 6:50
07. I Want A Little Girl (Moll - Mercer) 5:19
08. Nature Boy (Ahbez) * 2:40

09. Blues For Ike (Freddie Roach) 5:52


Ike Quebec (ts) Freddie Roach (org -omit *) Milt Hinton (b) Al Herewood (ds -omit *)
Recorded on November 26, 1961 at Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.


TOCJ-7135 ヘヴィー・ソウル+1 / アイク・ケベック
TOCJ-7135 Heavy Soul / Ike Quebec (RVG) [BN4093 +1]
ヘヴィー・ソウル+1
ヘヴィー・ソウル+1アイク・ケベック フレディ・ローチ ミルト・ヒントン

EMIミュージック・ジャパン 2008-08-20
売り上げランキング : 12546


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

TOCJ-7134 ドゥーイン・ザ・シング+2/ホレス・シルヴァー-新・ブルーノートRVGコレクション第2期第3回発売2008/09/22 22:40

BN4076 - Doin The Thing - Horace Silver

 ブルー・ミッチェル(tp)、ジュニア・クック(ts)の鉄壁コンビを擁するホレス・シルヴァー・クインテット絶頂期のライブを濃縮した1枚。
 通常、ブルーノートのライブ盤は2枚組なのですが、あえて1枚になったのはホレス本人の意向によるものでしょうか?

 まずは観客の熱狂が凄い!どの程度かは「Filthy McNasty」終了後、鳴り止まない拍手を聴いてご判断下さいませ。


 「Filthy McNasty」は、シャッフル・ビート気味のファンキー・ナンバー。
 いきなりホレスの『ガボッ』という合いの手、全開(笑)。フロントの2人も軽快に飛ばしてます。

 アップテンポで迫力満点の「Doin' The Thing」は、かなり複雑なラインの曲です。
 この曲を暗譜して演奏するのは、かなり難儀だと思われまーす。しかもホレス、ソロのバックで煽りまくるし・・・(笑)。
 でブルー・ミッチェル(Blue Mitchell)、ソロの途中で『スイングしなけりゃ意味ないね』の一部を引用したりします。


 ミディアム・テンポの「Kiss Me Right」は、「Nica's Dream」に通じる刹那系ナンバーです。
 このタイプの曲だと、ジュニア・クック(Junior Cook)が活き活きしますねえ。

 オリジナル・アルバムだとラストの「The Gringo」も、「Nica's Dream」系の曲かな。
 演奏終了直後に「The Theme: Cool Eyes」が続くところは、ライブならではの構成。


 なお今回はボーナス・トラックとして「It Ain't S'Posed To Be Like That」と、「Cool Eyes -Full Version-」が追加されております。



Doin' the Thing / Horace Silver Blue Note BN4076

01. Filthy McNasty (Horace Silver) *1 09:09
02. Doin' The Thing (Horace Silver) *1 10:33

03. Kiss Me Right (Horace Silver) *2 8:56
04. The Gringo (Horace Silver) *2 
  ~ The Theme: Cool Eyes *1 12:28

-bonus tracks-
05. It Ain't S'Posed To Be Like That (Horace Silver) *1 06:23
06. Cool Eyes (Horace Silver) -Full Version- *2 03:50

Blue Mitchell (tp) Junior Cook (ts) Horace Silver (p) Gene Taylor (b) Roy Brooks (ds)
Recorded on May 19(*1) & 20(*2), 1961 at "Village Gate", NYC.


TOCJ-7134 ドゥーイン・ザ・シング+2 / ホレス・シルヴァー
TOCJ-7134 Doin' The Thing / Horace Silver (RVG) [BN4076 +2]
ドゥーイン・ザ・シング+2
ドゥーイン・ザ・シング+2ホレス・シルヴァー ブルー・ミッチェル ジュニア・クック

EMIミュージック・ジャパン 2008-08-20
売り上げランキング : 75226


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

TOCJ-7133 ホーム・クッキン+5/ジミー・スミス-新・ブルーノートRVGコレクション第2期第3回発売2008/09/19 23:49

BN4050 - Home Cookin - Jimmy Smith

 ギターにケニー・バレルを迎え、曲によりパーシー・フランス(ts)を加えたカルテットによる演奏集。
 パーシー・フランス(Percy France)が参加した1959年6月のカルテット・セッションを中心に、1958~1959年に渡る3つのセッションより構成されたアルバムです。
 レイ・チャールズの「I Got A Woman」や、マ・レイニーの「See See Rider」など、有名曲も取り上げております。

 カラー・ジャケットに写る店は、アポロ・シアター近くにある『Kate's Home Cooking』
 で、このアルバムはその店のオーナー・シェフ『Kate O. Bishop』に捧げられたアルバムとのこと。


 程好くソウルフルな「See See Rider」、お次のK・バレルのオリジナル「Sugar Hill」はバレルのシングル・トーンが冴える曲です。
 テーマ部でのバレルとスミスの丁々発止のやり取りが楽しい「I Got A Woman」、シンプルなテーマのブルース「Messin' Around」はカルテットによる演奏。

 マイナー・キーのブルース「Gracie」、R&Bテイストのドラムが雰囲気を盛り上げる「Come On Baby」
 オリジナル・アルバムのラスト「Motorin' Along」は、コール&レスポンス風の軽快なテーマを持つ作品です。


 なお今回はボーナス・トラックとして別テイクを含む5曲が追加されております。

 「Since I Fell For You」は、バディー・ジョンソン(Buddy Johnson)の作品。
 ちなみにこの曲、山下達郎さんがアコーステック・ライブで演奏していた曲でもあります。

 ややバップ風の「Apostrophe」は、パーシー・フランスのオリジナル。

 「Groanin'」は単純なテーマのブルース。「Cool Struttin'」に近い感じかなあ。



Home Cookin' / Jimmy Smith Blue Note BN4050

01. See See Rider (Ma Rainey) *3 6:33
02. Sugar Hill (Kenny Burrell) *3 + 5:17
03. I Got A Woman (Ray Charles) *2 3:54
04. Messin' Around (Jimmy Smith) *3 5:54

05. Gracie (Jimmy Smith) *3 5:51
06. Come On Baby (Kenny Burrell) *3 6:48
07. Motorin' Along (Jimmy McGriff) *1 5:07

-bonus tracks-
08. Since I Fell For You (Buddy Johnson) *1 4:16
09. Apostrophe (Percy France) *3 6:32
10. Groanin' (Jimmy Smith) *2 8:07
11. Motorin' Along (Jimmy McGriff) -alternate take- *1 5:00
12. Since I Fell For You (Buddy Johnson) -alternate take- *1 6:25

*1
Jimmy Smith (org) Kenny Burrell (g) Donald Bailey (ds)
Recorded on July 15, 1958 at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.

*2
Jimmy Smith (org) Kenny Burrell (g) Donald Bailey (ds)
Recorded on May 24, 1959 at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.

*3
Percy France (ts -omit +) Jimmy Smith (org) Kenny Burrell (g) Donald Bailey (ds)
Recorded on June 16, 1959 at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.


TOCJ-7133 ホーム・クッキン+5 / ジミー・スミス
TOCJ-7133 Home Cookin' / Jimmy Smith (RVG) [BN4050 +5]
ホーム・クッキン+5
ホーム・クッキン+5ジミー・スミス ケニー・バレル パーシー・フランシス

EMIミュージック・ジャパン 2008-08-20
売り上げランキング : 212340


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


TOCJ-7132 リーウェイ/リー・モーガン-新・ブルーノートRVGコレクション第2期第3回発売2008/09/14 08:30

BN4034 - Lee-Way - Lee Morgan

 『リーウェイ/リー・モーガン』はリー・モーガンの絶頂期、ジャズ・メッセンジャーズ在籍時代の録音です。

 内容は知られざる作曲家、カル・マッセイの作品2曲とブルース2曲を配した、ブローイング・セッション、といった趣のアルバムです。
 参加メンバーは、ジャッキー・マクリーンにボビー・ティモンズ、ポール・チェンバースにアート・ブレイキーと豪華絢爛。

 各曲とも10分前後と長尺のため、メンバーは時間を気にせず(笑)おおらかにソロをブローしている感じがします。

 メンバー全員が絶好調であり、ブローイング・セッションもどきのアルバムであるため、曲の詳細解説は省略させていただきます。
 ・・・・ああっ、いい演奏だなあ・・・・とか聴いていると1曲終わってしまうから、解説なんぞ書けん(笑)。


 「These Are Soulful Days」は、カルビン・マッセイ(Calvin Massey)の作品。
 なおリー・モーガンはこのアルバム以降、カル(ビン)・マッセイの作品を度々取り上げるようになります。

 タイトル通りソウルフルなテーマから、P・チェンバース(b)~B・ティモンズ(p)と意表を付くソロ廻し(笑)。
 J・マクリーン(as)の後、最後に登場するのがL・モーガン(tp)は、ダブル・テンポを使ったソロで存在感をアピールします。


 「The Lion and the Wolff」はリー・モーガン作曲、アルフレッド・ライオンとフランク・ウルフに捧げたブルース。
 アルフレッド・ライオンとフランク・ウルフは皆様ご存知の通り、ブルーノートの経営者であります。

 オープニングのボビー・ティモンズの重低音を使ったトリルと、アート・ブレイキーのラテン・ビートが聴こえるといつもワクワクしますね。


 「Midtown Blues」は、ジャッキー・マクリーン(Jackie McLean)が作曲したシャッフル・ビートのブルース。

 トップ・バッターのリー・モーガン、ハーフ・バルブを使い、音をひしゃげさせながらワン&オンリーなソロを繰り広げます。
 続くジャッキー・マクリーンは、濁った分厚い音色で、重量感溢れるソロを展開。

 「Nakaniti Suite」は再び、カルビン・マッセイ(Calvin Massey)の作品。

 ややベニー・ゴルソンの「Are You Real」を連想させるテーマから、リー・モーガンの破天荒なソロが飛び出します。
 以外に軽快なティモンズ、続くアート・ブレイキーは、自らサンダー・ボルトと命名する雷鳴を連想させるド派手なドラム・ソロを披露します。


Lee-Way / Lee Morgan Blue Note BN4034

01. These Are Soulful Days (Calvin Massey) 9:22
02. The Lion and the Wolff (Lee Morgan) 9:38

03. Midtown Blues (Jackie McLean) 12:06
04. Nakaniti Suite (Calvin Massey) 8:09

Lee Morgan (tp) Jackie McLean (as) Bobby Timmons (p) Paul Chambers (b) Art Blakey (ds)
Recoreded on April 28, 1960 at Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.


TOCJ-7132 リーウェイ / リー・モーガン
TOCJ-7132 Lee-Way / Lee Morgan (RVG) [BN4034]
リー・ウェイ
リー・ウェイリー・モーガン ジャッキー・マクリーン ボビー・ティモンズ

EMIミュージック・ジャパン 2008-08-20
売り上げランキング : 68077


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


TOCJ-7128 ザ・キャット・ウォーク/ドナルド・バード-新・ブルーノートRVGコレクション第2期第2回発売2008/09/05 23:04

BN4075-The Cat Walk - Donald Byrd

 ドナルド・バード(tp)~ペッパー・アダムス(bs)~デューク・ピアソン(p)の鉄壁コンビネーションによる最終スタジオ作品です。
 ドナルド・バード(Donald Byrd)による知的ファンキー路線の最終到達点がこのアルバム、といっても過言ではないでしょう。


 また作曲のほとんどを、デューク・ピアソン(Duke Pearson)が担当しているのもこの作品のポイントかな。
 熱狂的な演奏に終始しない、高度にコントロールされたファンキーなバンド・サウンドをお楽しみ下さい。

 蛇足ですがこの後、バンドのピアノはシカゴの神童、ハービー・ハンコック(herbie Hancock)にチェンジ。
 以降、バードは新たな方向である、モード&ジャズ・ロック路線を歩み始めます。


 ドナルド・バードの抑制されたミュート・トランペットから始まる「Say You're Mine」
 ややモードっぽい感じは、バードと仲の良かったらしいマイルス・デイヴィス(Miles Davis)からの影響でしょうか?

 「Duke's Mixture」は、シャッフル・ビート気味のファンキー・ナンバー。
 特にペッパー・アダムスのざらざらした音色が、演奏の緊張感を高めます。

 ドナルド・バードとデューク・ピアソンの共作「Each Time I Think Of You」は、軽快なハード・バップといった趣の曲。
 丁度良いテンポと、適度に変化のあるコード進行が演奏の推進力を高めております。


 ベタなファンキー・ナンバー、「The Cat Walk」はドナルド・バードの自作曲です。
 下世話なテーマにもかかわらず、知的な雰囲気漂う曲に仕上げてしまうのは、このバンドらしいなあ。
 テーマ部ではフレーズ毎にストップ・タイム(演奏をわざと止めて間を作った後、演奏を再開すること)を効果的に使うことで、曲の緊張感を高めております。

 トランペット奏者でもあるニール・ヘフティ(Neal Hefti)「Cute」は、超アップテンポの演奏。
 ここでのードは、ハード・バップ時代に戻ったような、ブラウニー(クリフォード・ブラウン)直系の素晴らしいフレーズを披露してくれます。
 続くペッパー・アダムスも、バリトンとは思えないスムーズなフレーズで応酬(笑)。  そんなアダムスを、バードはバック・リフで盛り上げます。
 そして最後に登場するフィリー・ジョー・ジョーンズのドラム・ソロも、素晴らしい出来であります。

 締めは再びミュートで演奏する「Hello Bright Sunflower」
 ソロ・パートでは、バードとフィリー・ジョー・ジョーンズの4小節交換から始めるという心憎い演出。
 続くデューク・ピアソンの可憐なピアノ・ソロの後、ペッパー・アダムスのごつごつ(笑)としたソロに移行します。
 鳴り止まないフィリー・ジョー・ジョーンズのハイ・ハットが心地よいです、ほんと。


The Cat Walk / Donald Byrd Blue Note BN4075

01. Say You're Mine (Duke Pearson) 7:17
02. Duke's Mixture (Duke Pearson) 7:01
03. Each Time I Think Of You (Donald Byrd-Duke Pearson) 5:33

04. The Cat Walk (Donald Byrd) 6:40
05. Cute (Neal Hefti) 6:16
06. Hello Bright Sunflower (Duke Pearson) 7:29

Donald Byrd (tp) Pepper Adams (bs) Duke Pearson (p) Laymon Jackson (b) Philly Joe Jones (ds)
Recoreded on May 2, 1961 at Rudy VanGelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.



TOCJ-7128 ザ・キャット・ウォーク/ドナルド・バード [BN4075]
TOCJ-7128 The Cat Walk / Donald Byrd (RVG) [BN4075]
ザ・キャット・ウォーク
ザ・キャット・ウォークドナルド・バード ペッパー・アダムス デューク・ピアソン

EMIミュージック・ジャパン 2008-07-23
売り上げランキング : 327217


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ザ・キャット・ウォーク/ドナルド・バード (24bit/Japan)
ザ・キャット・ウォーク
ザ・キャット・ウォークドナルド・バード ペッパー・アダムス デューク・ピアソン

EMIミュージック・ジャパン 2005-09-22
売り上げランキング : 236371

おすすめ平均 star
starバード=ピアソンコンビの傑作!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


TOCJ-7127 ヒア・ティス/ルー・ドナルドソン-新・ブルーノートRVGコレクション第2期第2回発売2008/09/03 23:15

BN4066 - Here Tis - Lou Donaldson

 このアルバム、ルーさん(ルー・ドナルドソンだと長いので以後、こう呼ぶ)が見つけてきた2人の新人さんの参加が嬉しいところです。
 その2人とは、グラント・グリーン(Grant Green)ベイビー・フェイス・ウィレット("Baby Face" Willette)です。

 ホーン奏者のように単音で、やや泥臭いフレーズを演奏するグラント・グリーン。
 R&B寄りで、ジミー・スミス並みにダイナミックなオルガンを演奏するベイビー・フェイス・ウィレット。


 ・・・で、1961年1月23日に『Here 'Tis / Lou Donaldson (BN4066)』を録音した後が凄い(笑)。
 このニュー・フェイスをブルーノートは気に入った事が、立て続けにリーダー作品を録音したことで容易に想像付きます。

 5日後の1961年1月28日には、ドラムをベン・ディクソン(Ben Dixon)に変えたトリオで『Grant's First Stand / Grant Green (BN4064)』を録音。
 7日後の1961年1月30日には、さらにテナーのフレッド・ジャクソン(Fred Jackson)を迎えてカルテットで『Face To Face / "Baby Face" Willette (BN4068)』を録音します。


 アルバムはスタンダードの「A Foggy Day」を除き、全てブルース・コードの曲だそうです。

 ベイビー・フェイス・ウィレットのオルガンによるイントロから始まる「A Foggy Day」
 ソロ一番手はグラント・グリーンで、2番手がベイビー・フェイス・ウィレットというのも心憎い演出(笑)。
 2人の後見人役のルーさんは、相変わらずマイペースにリラックスした演奏を聴かせてくれます。

 タイトル曲の「Here 'Tis」は、R&Bテイストのスロー・ブルース。
 いきなり始まる、ベイビー・フェイス・ウィレットのダウン・トゥ・アースなソロがR&Bテイストを醸し出します。

 チャーリー・パーカー作曲の「Cool Blues」ではルーさん、軽快なリズムに乗りバップ風フレーズを飄々として演奏します。

 ベタなブルースという表現がぴったりな「Watusi Jump」、ラストのR&B風ブルース「Walk Wid Me」まで演奏ポテンシャルは高めのまま推移していきます。



Here 'Tis / Lou Donaldson Blue Note BN4066

01. A Foggy Day (Gershwin) 6:35
02. Here 'Tis (Lou Donaldson) 9:24
03. Cool Blues (Charlie Parker) 6:50

04. Watusi Jump (Lou Donaldson) 7:29
05. Walk Wid Me (Lou Donaldson) 8:36


Lou Donaldson (as) "Baby Face" Willette (org) Grant Green (g) Dave Bailey (ds)
Recorded on January 23, 1961 at Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.


TOCJ-7127 ヒア・ティス/ルー・ドナルドソン [BN4066]
TOCJ-7127 Here 'Tis / Lou Donaldson (RVG) [BN4066]
ヒア・ティス
ヒア・ティスルー・ドナルドソン グラント・グリーン ベイビー・フェイス・ウィレット

EMIミュージック・ジャパン 2008-07-23
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ヒア・ティス/ルー・ドナルドソン(24bit/Japan)
ヒア・ティス
ヒア・ティスルー・ドナルドソン グラント・グリーン ベイビー・フェイス・ウィレット

EMIミュージック・ジャパン 2005-08-24
売り上げランキング : 243471


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


TOCJ-7126 カプチン・スイング/ジャッキー・マクリーン-新・ブルーノートRVGコレクション第2期第2回発売2008/09/01 23:50

BN4038 Capuchin Swing  Jackie McLean

 「カプチン・スイング/ジャッキー・マクリーン」は、比較的リラックスして聴ける1枚ではないでしょうか。

 ピアノには前作「Swing, Swang, Swingi' (BN4024)」に引き続き、ウォルター・ビショップ(Walter Bishop Jr.)を起用。
 トランペットは当時、ホレス・シルヴァー・クインテットで活躍中だったブルー・ミッチェル(Blue Mitchell)が参加します。


 ブルージーなフロントにもかかわらず、全体的に明るい雰囲気なのは何故でしょう(笑)。

 ・・・やはり、ウォルター・ビショップの影響力が大きいからでしょうね。
 オリジナルを2曲提供し、トリオによる演奏までありますから、このアルバムの音楽監督はウォルター・ビショップが担当していたかもしれません。


 なおアルバム・タイトルは、当時のJ・マクリーン家で飼われていたオマキザル属のペット猿「Mr.Jones」君からつけられたようです。
 蛇足ですがオマキザル属の英語名称「Capuchin」は、その頭の形(毛並み?)がカプチン・フランシスコ修道会の僧が身に付ける修道服の頭巾(カプッチョ)に似ていることに由来しているそうです。
 ついでにコーヒーの「カプチーノ」も、名前の由来は、カプチン・フランシスコ修道会からだそうです。

 ブルーノート首脳陣の一人、フランシス・ウルフ(Fracsis Wolff)の名前をもじった「Francisco」は、ジャッキー・マクリーンの作曲です。
 良く考えると、「カプチン・フランシスコ修道会」にも引っかけているかもしれません(笑)。
 アップテンポで、適度なキメのバック・リフが用意されているあたりが好きですね。軽快なハード・バップとでも表現しておきましょう。

 ミディアム・テンポの「Just For Now」は、ウォルター・ビショップの作曲。
 テーマ部から、ウォルター・ビショップを中心として歯切れ良く演奏が進んで行きます。

 1曲だけトリオで演奏される「Don't Blame Me」は、トリオで良く演奏されるスタンダード・ナンバー。
 オリジナル・ライナーによると、ウォルター・ビショップは1955年頃からこのアレンジで演奏していたようです。
 ・・・・リズム隊3人による、小気味良い演奏をご堪能下さい。

 マクリーンのオリジナル「Condition Blue」は、ホレス・シルヴァー・クインテットが演奏しそうなタイプの曲。
 この曲でのウォルター・ビショップのバッキング、ホレスみたいで面白いです(笑)。

 同じくマクリーンのオリジナル「Capuchin Swing」は、タイトル曲でもありますね。
 どうもこの曲、私の大好きな「Star Eyes」のコード進行を下敷きに書かれた曲のようです。
 演奏が進むにつれて、「Star Eyes」のテーマ・フレーズがソロのあちこちに顔を出します(笑)。

 ラスト、アルフレッド・ライオン(Alfred Lion)の名前をもじった「On The Lion」は、ウォルター・ビショップの作曲。
 これまた、軽快なハード・バップと表現した方がいいかな(笑)。ウォルター・ビショップが結構張り切ったソロを披露してくれます。


 という事で、ウォルター・ビショップを中心に聴くと結構楽しめるアルバムであります。
 リーダーのジャッキー・マクリーンを中心に聴くなら、「Swing, Swang, Swingi' (BN4024)」をお勧めしますね、私なら(笑)。


Capuchin Swing / Jackie McLean Blue Note BN4038

01. Francisco (Jackie McLean) 9:31
02. Just For Now (Walter Bishop Jr.) 7:31
03. Don't Blame Me (McHugh-Fields) * 4:21

04. Condition Blue (Jackie McLean) 8:11
05. Capuchin Swing (Jackie McLean) 6:08
06. On The Lion (Walter Bishop Jr.) 4:44


Blue Mitchell (tp -omit *) Jackie McLean (as -omit *) Walter Bishop Jr. (p) Paul Chambers (b) Art Taylor (ds)
Recorded on April 17, 1960 at Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.


TOCJ-7126 カプチン・スイング/ジャッキー・マクリーン [BN4038]
TOCJ-7126 Capuchin Swing / Jackie McLean (RVG) [BN4038]

カプチン・スイング
カプチン・スイングジャッキー・マクリーン ブルー・ミッチェル ウォルター・ビショップJr.

EMIミュージック・ジャパン 2008-07-23
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スピーク・ロウ+3
スピーク・ロウ+3ウォルター・ビショップJr. ジミー・ギャルソン G.T.ホーガン

徳間ジャパンコミュニケーションズ 1999-04-21
売り上げランキング : 14332

おすすめ平均 star
star早くリイシューしてくれ
starピアノ・トリオの渾身の名演
star素晴らしい名盤

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


カプチン・フランシスコ修道会 - Wikipedia

オマキザル属 - Wikipedia