新・ブルーノートRVGコレクション第7回より-春の如く - アイク・ケベック2008/01/03 00:28

IT MIGHT AS WELL BE SPRING - IKE QUEBEC  Blue Note BST-84105

 ・・・はい今回はブルー・ノートで運転手!とA&R(アーティストと楽曲の管理)も担当していた、アイク・ケベック(Ike Quebec)の「春の如く(It Might as Well Be Spring)」です。
 また今回、リマスターを担当したルディ・ヴァン・ゲルダー(Rudy Van Gelder)も、顔なじみのアーティストの作品なので、ある程度気合を入れてリマスターしたのではないでしょうか?

 緑色のジャケットが素敵な一枚。出来ればジャケットを見ながらで聴いて欲しい作品・・・『2007年04月06日』に書いた記事をリミックスして、お送りします。


 つい最近発売された『ジャズマンがコッソリ愛する ジャズ隠れ名盤100/小川隆夫(河出書房新社)』で紹介される1枚目が、この作品なんですね・・・・これホント感慨深いです。

 「内容はとてもいいんだがね」「才能に溢れたプレイヤーなんだけどもね」とスタンリー・タレンタイン(1986年)が言えば、「とってもいいやつだったんだが」「歌心がある」とジャッキー・マクリーン(1998年)が褒めちぎる、という具合。
 一流ミュージシャン2人のコメントからも、このアルバムの良さが分かってもらえるでしょう・・・・。


 タイトル曲「春の如く(IT MIGHT AS WELL BE SPRING)」は、R.ローチの朝霞漂ようなオルガンのイントロに導かれ、程好いソウル&ブルース・フィーリング醸し出すテナーが聴こえて来るというリラックス度満点の1曲。私は、この曲だけでも満足出来ます・・・・はい。

 バラッドの「Lover Man」でしみじみし、アップテンポの「Ol' Man River」では、ケベックの軽快なブローが楽しめます。
 ただコテコテのホンカー!風ブロー気味の「Ol' Man River」は、アルバム内で浮いて聴こえるのが難点・・・(~~)。

 そして「A LIGHT REPRIEVE」、「EASY-DON'T HURT」というテンポは違えど、どちらもソウルフルなアイク・ケベックのオリジナル2曲も収録。


 ソフィスティケイトされた「ソウル&ブルース」好みの方は、是非ともお聴きくださいませ。そして、バックで控えめな演奏に終始するオルガンもまた良し!
 ・・・ゴリゴリの「ハード・バップ」や「コテコテ・サウンド」が好みの方は、箸休めの1枚として(笑)どうぞ。


TOCJ-7066 春の如く / アイク・ケベック

●IT MIGHT AS WELL BE SPRING / IKE QUEBEC Blue Note BST-84105

01. IT MIGHT AS WELL BE SPRING (R.Rodgers-O.Hammerstein) 6:15
02. A LIGHT REPRIEVE (Ike Quebec) 5:21
03. EASY-DON'T HURT (Ike Quebec) 6:04

04. LOVER MAN (Ramirez-Davis-Sherman) 5:34
05. OL'MAN RIVER (J.Kern-O.Hammerstein) 6:34
06. WILLOW WEEP FOR ME (Ann Ronnell) 5:18

Ike Quebec (ts) Freddie Roach (org) Milt Hinton (b) Al Herewood (ds)
Recorded on December 9, 1961 at Rudy Van Gelder Studio, Englewood Cliffs, NJ.

春の如く春の如く
アイク・ケベック フレディ・ローチ ミルト・ヒントン

EMIミュージック・ジャパン 2007-12-26
売り上げランキング : 116092

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


コメント

_ garjyu ― 2008/01/03 15:02

こんにちは。
そうそう、これこれ、大好きなんですよ。
TBお許しください。

_ 加持顕 ― 2008/01/03 15:31

garjyu さん、こんにちわ。ウチへのTBなら、いくらでも(笑)どうぞ。

なにせ記事作成に集中すると、他の方のブログ記事まで意識がいかないもので・・・・。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kajiakira.asablo.jp/blog/2008/01/03/2542471/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 一年365枚 ver.3.0 - 2008/01/03 15:04



私の一押し。アルバムタイトルの優しいバラード。これ1曲だけでも聴く価値ありです。