ルディ・ヴァン・ゲルダー・リマスター決定盤●セロニアス・モンク・アンド・ソニー・ロリンズ2008/02/13 13:50


 本日は、ジャズ・ジャイアンツ揃い踏みのアルバム「セロニアス・モンク・アンド・ソニー・ロリンズ」です。
 またトリオによる演奏には、モンクと相性が良いと言われている、アート・ブレイキー(Art Blakey)がドラムで参加します。

 ・・・いやー、聴き直すと結構良いですね、このアルバム。


 最初の2曲は、フロントにS・ロリンズを据えた、カルテットによる演奏です。
 しかしロリンスの豪快なテナーと、モンクの個性的なピアノが良くマッチしてますね。

 「今宵の君は(The Way You Look Tonight)」、ソロの最初に登場するロリンズの豪快なテナーに刺激されてか、モンクが『弾き過ぎ』ているのが面白いです。

 「I Want To Be Happy」では、モンクがいつも通り?、マイ・ペースな演奏に戻ってます。
 ロリンズのユーモア溢れるソロのせいか、モンクらしからぬ、軽快な演奏となっております。


 お次の2曲は、ブレイキー入りトリオによる演奏。

 「Work」、モンクのピアノの隙間を上手く埋めるように、ブレイキーのおかずフレーズが的確に挿入されます。

 軽快な「Nutty」、モンク独特の装飾フレーズをお楽しみ下さい。


 ラストは、S・ロリンズを含むクインテットによる演奏です。
 よく見ると、フレンチ・ホルンでジュリアス・ワトキンス(Julius Watkins)が参加しているんですね。
 この人、ブルー・ノートに残した10インチ2枚以外に聴いたことありませんが(笑)。

 しかし、「13日の金曜日(Friday The Thirteenth)」、何て摩訶不思議な雰囲気をもった曲なんでしょうね。
 こんな曲がBGMなら、あのおっかないジェイソンでさえ、酔っ払って千鳥足で登場しそうです。


Thelonious Monk And Sonny Rollins Prestige PRLP 7075

01. The Way You Look Tonight (Fields-Kern) *3
02. I Want To Be Happy (Caesar-Youmans) *3
03. Work (Thelonious Monk) *2

04. Nutty (Thelonious Monk) *2
05. Friday The Thirteenth (Thelonious Monk) *1


*1
Julius Watkins (frh) Sonny Rollins (ts) Thelonious Monk (p) Percy Heath (b) Willie Jones (ds)
Recorded on November 13, 1953 in NYC.

*2
Thelonious Monk (p) Percy Heath (b) Art Blakey (ds)
Recorded on September 22, 1954 at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.

*3
Sonny Rollins (ts) Thelonious Monk (p) Tommy Potter (b) Art Taylor (ds)
Recorded on October 25, 1954 at Rudy Van Gelder Studio, Hackensack, NJ.



ルディ・ヴァン・ゲルダー・リマスター決定盤(RVG REMASTERS)

セロニアス・モンク・アンド・ソニー・ロリンズ




1,100円の廉価盤【JAZZ THE BEST】

UCCO-9074 セロニアス・モンク・アンド・ソニー・ロリンズ

1,800円の高音質通常盤【JAZZ THE BEST Legendary 150】
<DSD(Direct Stream Digital)マスタリング使用>

UCCO-5074 セロニアス・モンク・アンド・ソニー・ロリンズ


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kajiakira.asablo.jp/blog/2008/02/13/2632907/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。